新嘗祭(にいなめさい)

3連休も最終日を迎えましたね。皆様連休はいかがお過ごしになりましたでしょうか?

本日は『勤労感謝の日』でもございましたが、『新嘗祭』の日でもございます。

『新嘗祭』とは・・収穫祭にあたるもので、毎年11月23日に天皇が五穀の新穀を天津神(あまつかみ)・国津神(くにつかみ)という日本神話に出てくる神々に進め、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝するという宮中祭事の1つです。それに伴い、各地の神社でも五穀豊穣に感謝をするお祭りが行われます。

私は責任役員を務めている阿智神社の『新嘗祭』に本日参列させて頂きました。

祭典に参列すると、やはり気持ちも引き締まります。祭典では巫女舞も奉納されており、華やかさもございました。

今は当たり前のように毎日お腹いっぱい食べる事が出来ますが、収穫が出来るかどうかでその1年決まっていた昔からの風習ですが、やはり日々の食事が出来る環境に感謝の気持ちを持って、食したいと思います。

また、同時に伝統も大事にしていきたいですね。