Olive wedding

おはようございます💡
昨日は豪雨の音で目を覚ましたけど、今日はとっても良いお天気になって良かった🎵

さてさて、6月に結婚する事を『ジューンブライド』と呼ばれていますが、その由来はご存知でしょうか??

説は何個かあるようですが・・
一般的に言われるのは、ギリシャ神話に出てくるヘラという女神(ローマ神話で『JUNO(ユーノー)』)がヨーロッパでは6月に祀られるのですが、その女神が結婚生活の守護神と言われている事からです。

そこから"6月の花嫁"は『幸せになれる花嫁』と呼ばれるようになったようです✨

 

そこでギリシャ神話のイメージにまつわって、オリーブや月桂樹などをふんだんに使ったウェディングなどはいかがでしょうか??

ブーケはグリーンメインだけど、抜け感のあるおしゃれブーケなど素敵です💓
リボンも質感や色味の違う物など何種類もつけてあげるとかわいいですよね!
色味のあるお花で脇役オリーブもかわいい🎵


ブートニアもブーケに合わせてあげて下さいね。

フラワーガールなどお子様にリーフクラウンのプレゼントをしてもかわいいですよね😍


テーブル装飾は、ショープレートなどにメニュー表と一緒にLeafを飾るかどうかで、がっつりオリーブの葉をセッティングするのか、お花メインで少しオリーブにするのか。
バランスを見ながら決めるのが良いですよね
🎵


ナフキンリーフはシンプルにディスプレイがお勧めです😄✨


そして、新郎新婦のカップルシートだけチェアデコレーションをしてもかわいいですよ😆

ウェディングケーキはベースはシンプルが私好み💓

※画像はPinterestより拝借

少し大人なWeddingになると思いますが、私は大好きな雰囲気です😊
テーマを決めてのWeddingはまとまりも出るので、お勧めですよ✨